人命救助の場面で大いに役立つAED|使い方を知っておこう

レディ
  1. ホーム
  2. 設置するだけでは駄目

設置するだけでは駄目

女の人

定期点検も必要

AEDとは自動体外式除細動器のことで、心臓が痙攣などを起こし正常な働きをしていない場合に、電気ショックを与えて心臓の正常な機能を取り戻す機械です。救急車が到着するまでに、このAEDを使うのと使わないのとでは生存率に大きな影響を与えると言われています。そのため、激しい運動をするスポーツ施設や多くの人が集まる大型商業施設、身近な場所では役所や公民館、学校などにも設置されています。様々な場所に設置されているAEDですが、いつでも使えるようにするためには、定期点検が重要です。しかし、普段使うことがないAEDをどのように手入れをしたらいいのか、何をチェックすればいいのかと思ってしまいます。最近のAEDは装置自体が自動的にチェックするように作られています。装置自体が自動的に電源を入れて、定期的にチェックをするため、点検者はそのチェック結果を確認すれば点検は終わります。そのため、定期点検は簡単に行うことができるのですが、重要なのが消耗品の確認です。パッドやバッテリーには使用期限があります。この使用期限のチェックを忘れていたのでは、いざというときに作動しなかったり、不都合が起こる事になってしまいます。また、一度使用した場合には、パッドを交換する必要もあります。消耗品は使用期限までに使えなくなる可能性もあることから、使用期限まで待つのではなく、期限が近づいたら早めに交換したいものです。しっかりとした定期点検を行い、いつでも使える状態にしておきましょう。