治験のバイトをすることで得られるメリット

新薬が世に出るには安全性を確認する必要がある

世の中には様々な製薬メーカーが存在します。それぞれの製薬メーカーでは、病気を治すための新薬の開発に力を注いでいます。しかしながら、新薬を開発できたとしても、それを人体に使用するためには、治験を実施することが必要不可欠です。なお、治験と似たような言葉で臨床試験というのがあります。この二つにはどのような違いがあるのか、記載しました。

治験と臨床試験はここが違う

治験

新薬が世に出るためには、国から承認を得る必要があります。その承認を受けるために必要な試験が治験です。この治験で、薬として有効性があることを認められたら、新薬として世に出回ることになります。

臨床試験

様々な薬や器具を用いて、特定の病気に対して一番適している治療法を見つけるための試験です。なお、治験とは異なり、臨床試験を実施する際は、国へ届出を提出する必要がありません。

治験のバイトをすることで得られるメリット

女性

多く稼ぐことができる

治験というは、有償のボランティアです。バイトによって報酬は異なりますが、1日当たりの報酬の相場は1万円前後です。そのため、1ヶ月で30万円以上稼ぐことも珍しくありません。なお、報酬が20万円以上であれば、確定申告をすることが必要となります。

看護師

入院生活には負担がかからない

治験のバイトには、通院するタイプと入院するタイプがあります。入院するタイプは、外出が禁止されているという制限がありますが、病院内では自由に行動ができます。

カウンセリング

健康診断が無料で受けられる

治験のバイトをする前に、必ず健康診断を受ける必要があります。通常、病院で健康診断を受ける際は費用がかかりますが、治験前の健康診断には費用は発生しません。自身の健康状態をチェックしておきたい人にとっては大きなメリットでしょう。

メリットが大きい

先述の通り、治験のバイトには様々な利点があります。何より、医療の発展に役に立つことができるというのが、何よりの魅力でしょう。

広告募集中