流通に興味があるなら貿易事務の求人がオススメ

流通に興味があるなら貿易事務の求人がオススメ

道路

商品の輸出入をサポートしているという実感を得られる

貿易事務は、海外の企業と輸出入の取引をする際に、輸出入を行うための事務作業をする職業です。アパレル商品など、取引する品物は企業によって異なり、ジャンルは多岐にわたります。事務手続きをしないと輸出入ができないため、自分がやる業務が取引に役立てている、という実感がしやすいです。

書類

勉強した言語を活かすことが可能

貿易事務の仕事は日本語でやり取りはしません。英語でやり取りする場合が多いですが、中国語などの言語を使用することもあります。現代では色んな方法で言語の勉強をすることができますが、勉強した内容を活かす場面がないと、次第に忘れていきます。貿易事務であれば、日々の業務で使用する言語が日本語以外なので、語学力がアップするのです。

男女

長く働くことができる

貿易事務は専門性の高い職業です。そのため、需要が高く、転職活動をする場合でも、求人が多いので、キャリアップもしやすいと言えます。また、一度貿易事務から他の職へ変えた場合、再度貿易事務へ復帰したいと思ったとしても、他の業界と比べて復帰しやすいです。

派遣社員とアルバイトの特徴を比較

派遣社員

派遣会社と雇用契約を結び、派遣会社から紹介された企業で働くのが派遣社員です。派遣社員として仕事ができるジャンルは様々ありますが、多くの仕事が派遣期間に制限があります。また、契約内容の範囲の仕事のみ実施することになります。

アルバイト

勤務先の企業と直接雇用契約を結びます。派遣社員とは異なり、勤務期間の制限はないです。経験を積めば、仕事としてできる範囲が広がります。

広告募集中