人命救助の場面で大いに役立つAED|使い方を知っておこう

レディ
  1. ホーム
  2. 人命救助に役立つ機器

人命救助に役立つ機器

AED

一般市民でも使用可能

駅や空港などに行くと、よくAEDと書かれた目立つ色の表示板と機械を見かけることがあります。AEDは救急救命機器の1つで、日本語では自動体外式除細動器といいます。心臓に電気ショックを与えるためのもので、心室細動と呼ばれる不整脈の一種を発症した人に対し、心臓の状態を正常に戻す目的で使用します。わが国では、以前はAEDは医師による使用しか認められませんでした。しかし2004年以降は一般市民による使用も認められるようになっています。そのため、駅などへの設置が進むようになったのです。その場で発作を起こして倒れた人がいた場合、通りがかりの人がAEDを使用することで、救急車が来るまでの間に応急処置を行うことができます。現在出回っている製品は大半が自動化されており、初めて手に取る人でも絵入りのマニュアルを参照しながら操作できるようになっています。AEDは当初、公共施設などへの設置が先行していましたが、最近では民間の施設においても普及が進んでいます。デパートやショッピングモール、ホテル、テーマパーク、劇場といった大勢の人が出入りする場所で設置される例が増加しています。また、観光バスや客船といった移動体にも設置されるようになっています。こうした施設の運営者たちからAEDが注目されている理由は、非常にシンプルです。それは、人名救助への積極的な関与です。自らが運営する施設内における事故に的確に対処し、人命を尊重することは、企業としての社会的責任を全うすることにつながります。また同時に、安全管理に万全を期しているという姿勢を強調することで、企業のイメージアップにもつながります。