人命救助の場面で大いに役立つAED|使い方を知っておこう

メンズ

特殊機械を利用しよう

男性と女性

特殊機械とはなんでしょうか。それはAEDのような特殊な技能を持った人にしかできない行為を機械を用いることによって、だれにでもできるようにしたものです。それにより、医者や救急救命士にしかできない電気ショックを誰でも使えるのでもしそんな場面に出くわした人は積極的に活用していきましょう。

設置するだけでは駄目

女の人

AEDは様々な場所に設置されているのですが、いつでも使える状態にするには定期点検が重要です。パッドやバッテリーなどは消耗品でもあることから使用期限があります。使用期限を定期的に確認して、期限が近づけば早めに交換をすることが大切です。

一般市民が使える医療機器

スーツ姿の人達

救命率が大幅に高くなる

近年、駅などの公共施設や会社内に設置されているAEDが、身近な医療機器として人々に広く認知されてきています。AEDとはAutomated External Defibrillatorの略語で、日本語では自動体外式除細動器と呼ばれます。町中などで誰かが心室細動を原因とする心停止を起こした際、AEDを使用することで速やかに除細動を行い心肺停止状態の患者の救命を試みることが可能です。AEDの大きな特徴は非医療従事者である一般企業でも使用することができる点にあり、緊急時にその場に居合わせた人間でも救命活動を行うことができます。心室細動を起こした患者にはすこしでも早く電気的除細動を施工しなければならず、救急車を要請し救急隊員や医師の到着を待つ僅かな時間でさえ命取りとなりかねません。そのような緊急事態に際し一般企業がAEDを使用した場合、心停止を起こした患者の救命率が数倍にも高くなるといわれています。また、救命活動に使用されることは勿論、AEDを設置されていることによって社員の安全に対する意識が自然と高まることも期待できるようです。最近ではAEDを設置する会社も増え、安全管理に対して非常に意識が高い企業であるというアピールにもつながります。AEDの設置には費用がそれなりにかかってしまいますが、補助金や助成金を受け導入することも可能です。これから先もAEDにより救われる命を増やすためにも、緊急時に社員が冷静に機器を使用できるように訓練や意識改革を行う必要がありそうです。現在、多くの企業ではAEDを正しく使用するために研修などを実施しています。機械は導入したけど、まだ十分な研修を行っていない企業などは、これから取り入れていくとよいでしょう。

人命救助に役立つ機器

AED

AEDは、心室細動の発作によって倒れた人に応急処置を施すための救命機器です。一般市民でも使用できるようになっており、多くの公共施設などに設置されています。民間の商業施設などにおいても普及が進んでいます。