施工管理者として採用されるために知っておくべき基礎知識

女性

施工管理について

建築工事では、土木作業員であったり、塗装をする人であったりなど、様々な役割をもった人が一緒になって働きます。工事の規模が大きければ大きいほど、工事現場で働くスタッフも多くなります。スムーズに工事を進めるためには、スタッフ達を束ねるリーダー的存在の人が必要不可欠です。そのリーダー的存在なのが、施工管理者です。施工管理者になるためには、「施工管理技士」という国家資格を持っていることが必要となります。

履歴書

施工管理技士には様々な種類がある

先述の通り、施工管理者となるためには、施工管理技士の資格取得が絶対条件です。求人情報にも施工管理技士の資格が応募する条件である旨が掲載されているはずです。なお、一口に施工管理技士と言っても、「土木施工管理技士」「電気工事施工管理技士」「建築施工管理技士」など色んな種類が存在します。どの資格を取得しているかによって、監督できる仕事内容が異なります。

面接

1級施工管理技士を取得できると有利

施工管理技士というのは、1級と2級にランク付けがされています。もし、1級の施工管理技士の資格を取得できた場合、様々な建築業の監督の業務をすることができるようになります。そのため、採用にとても有利に働くでしょう。

[PR]
施工管理職へ転職しよう♪
仕事探しに最適な情報を徹底解説!

施工管理者に要求されること

  • コミュニケーション能力があること
  • 体力があること
  • 納期までに目標を達成できること

[PR]
治験バイトの情報を大公開☆
参加前に要チェック☆

施工管理者の残業について

建築業界は残業が多い、というイメージを持っている方は少なからずいらっしゃると思います。建築工事には納期が必ずありますので、その納期までに工事を終えないといけません。もし、納期までに間に合わない場合は、間に合うように残業をすることもあります。しかしながら、必ず残業があるというわけではなく、建築現場によっては、定時で帰ることができる場合もあります。

施工管理はやりがいがある

建築業は製造業と同じくモノづくりをする業界です。建築業界のなかでも、施工管理は建築現場を監督するという、責任がありやりがいがある職業です。自分がリーダーとして、一つの仕事をやり遂げるというのは、とても達成感があるでしょう。

広告募集中